Bokka

「静と動」和紙の象られた空間を踊る墨、躍動と静謐、情熱とそれを縫いとめた和紙…

Michiko

Michiko Bokkaは現代墨アート作品を通じて「静と動」を追求している。
墨は描く瞬間、熱を持ち、踊り跳ね、和紙の白地を切り取っていき、そしてその熱は、乾く過程でまた静けさを取り戻し、やがて和紙と共に静謐な時間を紡く存在となる。

Michiko Bokkaが積み重ねてきた「いけばな」と同様、この現代墨アートを通じて間(ま)という静寂な日本美と情熱的・活動的なスペイン・アンダルシアの光の融合を感じていただける様、空間美や間を汚さない余韻を作品に描くように心がけている。また、Jazz Saxの音色に心を奪われ印にしたためている。

プロフィール
50年に及ぶいけばな修行の傍ら、近年は現代墨アートにも取り組む。
「墨華」Bokkaという名は、墨と華道の融和を描く想いからつけたもの。

2004年生活基盤をスペイン・アンダルシアに移し、スペインのみならずイタリア、アメリカ、日本等で活躍中。
作品展やデモンストレーションでは、日本のいけばなと現代墨アートのコラボレーションで好評を得ている。
作品はスペイン・フェンヒローラ市長室に飾られ、ニューヨーカーのコレクターからの支持も高い。

近年の主な活動と予定

03-2014スペインMuseo de Fuengirola
04-2015スペインCastillo de Bil Bil
10-2015スペインCasa de la Cultura de Fuengirola
12-2015アメリカNY  Jadite Gallery
02-2016アメリカNY  Caelum Gallery
04-2016日本東京  椿山荘
09-2016アメリカNY  Caelum Gallery
03-2017アメリカNY  Caelum Gallery
07-2017スペインCentro de Arte de Benalmádena
10-2017アメリカNY  Caelum Gallery
03-2018日本東京  ウエマツ
09-2018スペインCasa de la Cultura de Fuengirola
10-2018アメリカNY  Caelum Gallery